1人で悩まずまず相談を!薄毛治療の実態を徹底調査!

治療できる時代になっている

かつては薄毛の治療薬が発明されたらノーベル賞ものと言われていました。女性よりも男性に薄毛が多いので、男性ホルモンが影響しているまではわかっていましたが、それ以降なかなか対策が進んでいませんでした。今も多くの人が薄毛で悩んでいます。では悩むままでいいかですがそれはもったいないです。実はすでに薄毛治療が可能な薬がどんどん出てきています。薄毛治療とは別の薬として開発された薬に薄毛が改善する効果が分かり、それによって薄毛の原因がどんどん解明してきています。男性ホルモン由来の原因であれば、一定の割合で改善できるとされています。まずは自分の薄毛の原因を調べてもらい、男性ホルモン由来なら治療薬の利用を検討してみましょう。

前頭部に全くても治療は可能

髪の毛には発毛サイクルがあり、生えなくなったときには毛根が休止しているか死んでいるかになります。周辺に髪の毛があるなら休止している可能性もあり、薬での治療ができるかもしれません。しかし、周辺にない状態だと毛根が死んでいる可能性が高まります。薬を飲んでも発毛しないかもしれません。となると治療方法は全くないかですが、他に生えているところがあるなら治療できるかもしれません。前頭部や頭頂部は薄くなりやすいですが、側面や後頭部は薄くなりにくいとされます。薄くない所から薄いところに移植をすると、毛根が死んでいるところでも発毛が可能になります。いきなり薬を利用するのではなく、薬以外の方法が取れるかどうかを検討してみると良いでしょう。