比較してみて!薄毛治療の期間と金額こんなに違うんです!

薬は単価は安いが長期的にかかる

薄毛の治療ができる時代になりました。これまで薄毛で悩んでいた人も、治療をすれば改善できるかもしれません。最も手軽に行える方法として、薬を処方してもらう方法があります。専門クリニックでも可能ですし、一部の一般病院などでも処方してもらえます。薬の使い方としては、1日1錠飲みます。抜け毛が改善されるのには早い人なら1箇月程度、遅い人でも数箇月経過すれば効果が出てくるとされます。生えそろったら薬が不要になると感じますが、実際は飲み続けるのが良いとされます。そのままの状態をキープしたいなら、毎日飲む習慣が必要になります。薬には、一般の薬とジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品の方が負担を少なくできるでしょう。

お金はかかるが生えればそれ以降かからない

薄毛の治療の一つに自毛植毛があります。毛のたくさんある部分から薄い部分に移植をする方法です。自分の毛根を使うので拒否反応などが出にくく、全く毛が生えなくなった部分でも髪の毛を増やせる方法として注目されています。毛根の異色なので、料金は本数毎に決められています。数十本や数百本ではあまり効果が分かりませんから、通常は数千本行います。100万円以上はかかるとされています。きれいに生えそろうには、術後半年ぐらいはかかるので、それなりに時間を見ておく必要があるでしょう。薬だと一生お金がかかり続けますが、自毛植毛は定着をすればそれ以降は再手術などは必要ありません。薬を飲む負担などもないので、楽に過ごせる方法と言えます。

薄毛の原因は男性ホルモンにあると言われています。そのため男性に薄毛の方が多いのです。薄毛は遺伝的要素が大きいと言われています。